本文へスキップ

定期演奏会

一般社団法人

電話でのお問い合わせはTEL.070-5584-5476

お問合せはこちら

日唱 定期・特別演奏会Concert


室内合唱団 日唱 第17回定期演奏会


森 ミドリ 個展

日 時:2017年8月7日(月)19:00開演(18:30開場)
場 所:渋谷区文化総合センター大和田 6階 伝承ホール
(渋谷駅西口より徒歩5分 : 渋谷区文化総合センター

指  揮  :山ア 滋
ピ ア ノ :横山 歩
ヴァイオリン;佐藤 久成

森ミドリは、東京藝大で池内友次郎、矢代秋雄、佐藤眞に師事した作曲家である。幼くして音楽の才能を開花させ、藝大在学中から将来を期待された。 その才能には、当時のテレビ、ラジオからも声がかかり、即興演奏や劇音楽など様々な仕事の依頼が舞い込んだ。 慌ただしいままに、テレビやラジオなど引っ張りだことなり、落ち着いて創作に時間を書けることがなかなかできなかった。
しかし、2000年頃から、テレビの仕事をセーブして、音楽家としての仕事に重きを置いて活動するようになった。
新しく出会った楽器「チェレスタ」による即興演奏や、画家で詩人の安野光雅の絵や詩による合唱曲など、持ち前の音楽センスと即興演奏で培ったバランス感覚が絶妙に対応する音楽を次々と発表していった。
幼なじみの建築家・黒川紀章の遺作となった詩集「アドニスから手紙が来た」も特筆されよう。 ある種、超現実的であり、独自の世界観が読み取れる黒川の詩に対する森の音楽は、詩の芯の部分にあった純粋にして透徹たる黒川の眼差しを読み取って、透明な音楽で貫く。
安野光雅による古今東西の文学に精通しながらにして、子供の心を忘れない、そのポエジーも素晴らしいが、それに附された森の音楽も同じく卓越たる個性である。 メロディーの伸びやかさ、歌謡曲に通じる聴きやすさ、そしてそれだけで終わらない繊細にして精緻な和声対位法の妙技も味わって欲しい。



information店舗情報


日唱連絡センター
〒254-0075 
神奈川県平塚市中原2-23-10
TEL.070-5584-5476
FAX.0463-33-1465