本文へスキップ

定期演奏会

一般社団法人

電話でのお問い合わせはTEL.070-5584-5476

お問合せはこちら

伊福部昭個展・特別サイト終了公演

室内合唱団 日唱 第12回定期演奏会




伊福部昭 個展

2016年9月2日(金)19時開演、18時30分開場
室内合唱団 日唱 第12回定期 伊福部昭個展
渋谷区文化総合センター大和田6階 伝承ホール
伊福部昭 作曲
合唱頌詩「オホーツクの海」(1958・伊福部昭ピアノリダクション版)
シレトコ半島の漁夫の歌(1960・堀井友徳ピアノリダクション版)
北海道讃歌(1961・伊福部昭ピアノリダクション版)
全開発の歌
以上、ピアノ伴奏 藤井麻理
映画で使われた合唱曲セレクション
(「ゴジラ」「ひろしま」「忠臣蔵」「キングコング対ゴジラ」「わんぱく王子の大蛇退治」等から、予定)
エレクトーン、編曲 竹蓋彩花
和田薫 指揮・作曲
谷神不死(委嘱初演) 伊福部昭十年祭へ寄せる無伴奏合唱曲




和田薫指揮による「伊福部昭 合唱個展」が2016年9月2日(金)に渋谷で行われる。 室内合唱団 日唱の第12回定期演奏会をスリーシェルズの西耕一がプロデュースした企画である。 内外で高い評価を受ける師弟の作曲家 伊福部昭と和田薫のコラボレーションをもって、日唱の新たな試み「作曲家の個展」シリーズの幕開けとなる。

コンサートは二部仕立て。 第一部はピアノ伴奏による演奏会用作品。 ある種ミニマムな宇宙に磨きぬかれ、透徹した音を響かせるピアノは大地への祈りと叫びをどう彫琢するか。

第二部はエレクトーンによるアレンジも加えつつ、映画音楽から選曲してダイナミックなサウンドを味わえるよう構成している。 こちらは伊福部宇宙を思わせるド迫力の音響から、ブレずに確かなる意思をもって書いた数々の映画音楽まで鑑賞できる。

ある種、第1部と第2部をつなぐのが「全開発の歌」という団体歌。2016年に日唱メンバーの根岸一郎と伊福部研究者の河内春香によって舞台初演された同作のピアノパートは第3番が全編クラスターで伴奏される。まさに開いた口が塞がらないないほどの音響エネルギーである!

和田薫による師・伊福部昭へ捧ぐ新作も委嘱初演される。 これまで、和田はオペラやミュージカルなどの声楽作品は時折書いていたが、純粋な無伴奏合唱曲は非常に珍しく、大きな期待がかかる。(企画 西耕一)


没後10年……巨匠が「合唱」に託したものは何だったのか?

 演奏会用純音楽と映画音楽の両面から伊福部昭の合唱作品の全貌に迫る画期的コンサート!  壮大な合唱頌詩「オホーツクの海」、郷土愛迸る「北海道讃歌」、そして熱狂の「キングコング対ゴジラ」、反戦のレクイエム「ひろしま」まで、伊福部合唱音楽の計り知れない魅力を、国際的作曲家また映像音楽のカリスマとして師の衣鉢を継ぐ鬼才・和田薫の指揮が明らかにする!  十年祭を祝い、師・伊福部に捧げる和田の委嘱新作「谷神不死」初演にも熱い期待が寄せられている!(根岸一郎)





information店舗情報


日唱連絡センター
〒254-0075 
神奈川県平塚市中原2-23-10
TEL.070-5584-5476
FAX.0463-33-1465